ハトハのこだわり

 

いい日もある。

そうでもない日もある。

何でもない日もある。

大切なのは、どんな日だって楽しめるということ。

そのときどきを、心から味わうということ。

 

ハトハのお茶は、個性ゆたかな

日本茶やハーブの葉を、

日本最高クラスの茶師がブレンド。

朝起きたとき。ご飯を食べてるとき。

仕事をしてるとき。くつろぎたいとき。

毎日の気分やシーンに

ふさわしいお茶に出会えます。

 

一杯のお茶で、一日は変わる。

ハトハは、あなたと暮らしの間にいます。

 

暮らしを、うるおす。

日本茶をもっと身近に。気分やシーンで選べるお茶。

新茶に番茶、煎茶にほうじ茶、静岡茶に宇治茶、「やぶきた」に「ゆたかみどり」。日本茶には、摘採した時期や茶種、産地や品種などによって、実にたくさんの分け方や呼び方があります。もちろん、味や香りの個性もそれぞれ違います。そして、それぞれのお茶をより美味しくいただくには、お茶の量やお湯の温度、抽出時間など、少しばかりのコツも必要。そう、日本茶って、ちょっと難しくて面倒くさい。

 

日本最高クラスの茶師が選りすぐりの茶葉をブレンド。

日本茶の歴史は、「合組(ごうぐみ)」とも呼ばれるブレンドの歴史でした。

お茶の葉は、生き物です。同じ農家、同じ畑で栽培しても、その年の天候や気候によって、まったく同じ品質の茶葉が収穫できるとは限りません。その微妙な茶葉の変化を見抜き、他の茶葉とブレンドすることで品質を安定させる。あるいは、個性的な茶葉と茶葉をブレンドすることで、これまでになかった個性の茶葉を生み出す。繊細なお茶の香りや味わい、色味を最大限に引き出すのが、ブレンドなのです。