日本茶屋ハトハのこだわり

世界を日本茶でうるおしたい。

「世界を日本茶でうるおしたい」ーそれが、私たちHATOHAの想いです。

今、日本の茶業界は、ドリンク市場の多様化や、茶生産者の高齢化、後継者不足などにより、かつてないほどの苦境に立たされています。一方で、日本文化への関心の高まりやヘルシードリンクとして、日本茶には世界から熱い視線が向けられています。このアンバランスを、生産者と消費者の間に立つことで解決したい。世界中でもっと日本茶を楽しんでもらいたい。

オーガニックの抹茶を中心に日本全国のお茶を飲み比べている中で出会った、京都の生産者とともに。私たちがつくる究極のオーガニック日本茶を、日本はもちろん、世界に向けて発信していきます。

 

お茶のユートピア、京都・和束町の茶葉を使用。

日本茶屋HATOHA

京都府南部に位置し、宇治茶の約40%を生産する和束町。鎌倉時代初期から茶の栽培が始められ、特に高級茶の産地として、江戸時代には御所にも納められていました。

澄んだ空気と、昼夜の寒暖差の大きな気候、そして幾重もの山々と清流が生み出す霧。和束町には、茶の栽培に理想的な環境がすべて整っているのです。

日本茶屋HATOHA

一面に広がる波形の茶畑と、そこに息づく農家の営みが織りなす美しい情景は日本の原風景を思わせ、桃源郷ならぬ“茶源郷”とも称されています。

有機JAS制度とは?

 

禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと、畑や施設、用具などに農薬や化学肥料の飛散や混入がないことなど、農林水産大臣に認可された第三者機関による厳格な検査を受け、認証された事業者のみが「有機JASマーク」の使用を認められる制度。商品に有機JASマークがなければ、「有機」「オーガニック」をうたって販売することはできません。